Home > About Us > News Room > Press Release

幕末の絵師狩野一信による増上寺秘蔵の仏画と北斎の
冨嶽三十六景、ワシントン桜祭り100周年を記念して、アーサーM.サックラー美術館において同時開

日本より米国に桜の苗木が贈られてから100周年の節目を迎えた今年、首都ワシントンでは盛大な桜祭りが開催されます。それに合わせ、スミソニアンのサックラー美術館では、江戸幕末の活気と世情を反映した二人の絵師の大作を紹介します。

幕末に活躍した画家・狩野一信(1816-63)は、釈迦の弟子である500人の羅漢たちの日常生活や修業、そして驚異的なパワーを発揮し衆生を救済する場面などを大画面に描きました。その百幅にも及ぶ「五百羅漢図」は、東京都港区・芝の増上寺で大切に守られてきました。2012年3月10日より7月8日まで開催される “Masters of Mercy: Buddha’s Amazing Disciples” (驚異の救済者たち:五百羅漢) 展では、増上寺秘蔵の「五百羅漢図」より選ばれた56幅を、フリーヤ所蔵品とともに展示公開します。

個性的な想像力をもって描かれた一信の羅漢たちは、驚異的な神通力や救済活動を見せるとともに、日常の場面においては洗濯ものや動物の世話をする姿もあります。19世紀半ばの江戸末期、十年近くの歳月を費やし「五百羅漢図」の制作に挑んだ一信の、シュールで幻想的な世界をご堪能下さい。

一信筆「五百羅漢図」全百幅の一挙公開は、去年の春、江戸東京博物館にて実現し、日本で話題をさらいました。作品が海外に出るのは、今回の展覧会が初めてとなります。

2012年3月24日より7月17日まで、”Hokusai: Thirty-six Views of Mount Fuji” (北斎:冨嶽三十六景)もまた同時開催されます。世界の葛飾北斎の作品の中でも特に評価の高い、浮世絵名所絵の代表作です。海外でもよく知られた「神奈川沖浪裏」や赤富士を描いた「凱風快晴」らを含め、版本や地図なども合わせて、約53 点の作品を展示します。

北斎の「冨嶽三十六景」が初めて刊行された1830-32年、当初より絶大な人気で、36図にさらに10枚の新しいデザインが追加され、最終的に46図のシリーズになりました。本展覧会では、質の高い摺りの作品が世界中より集められ、全46図一同に鑑賞できる稀な機会です。天才絵師にとって富士はいったい何を意味したのか、晩年の北斎の心の中を検証します。

発表当時の北斎は72歳。遠近法などの西洋画法を取り入れ、流行していた「ベロ藍」ことプルシアンブルーを摺りに活用し、さまざまな趣向をこらしました。風景版画というジャンルを確立させた画期的なシリーズ「冨嶽三十六景」、どうぞお楽しみください。
“Masters of Mercy: Buddha’s Amazing Disciples”(驚異の救済者たち:五百羅漢)展
主催:アーサー M. サックラー美術館/ 大本山増上寺 / 日本経済新聞社
企画協力:浅野研究所
協賛:  アン・ヴァン・ビーマ基金 

“Hokusai: Thirty-Six Views of Mount Fuji”(北斎:冨嶽三十六景)展
主催:アーサーM. サックラー美術館
協賛:  アン・ヴァン・ビーマ基金 

アーサー M. サックラー美術館と隣接のフリーア美術館は、首都ワシントンの中心部にあるナショナルモールに位置します。開館時間10:00-17:30 (12月25日は休館)、入場無料。
電話(202)633-1000 TTY (202)633-5285  公式ホームページ   www.asia.si.edu

the freer and sackler galleries

Contact us

pressasia@si.edu
Tel: 202.633.0271
Fax: 202.633.0046

Office of Public Affairs and Marketing
Freer Gallery of Art and Arthur M. Sackler Gallery
PO Box 37012, MRC 707
Washington, DC 20013-7012


Please note: The Freer Gallery of Art will be closed to the public from January 2016 until summer 2017. The Arthur M. Sackler Gallery, Library, and Archives will remain open for the duration of the renovation. Learn more »